窓ガラスの修理時間はガラスの種類によって異なることも…

窓ガラスが割れた場合、すぐにガラス修理の依頼を行う必要があります。窓ガラス修理の場合、最短30分ほどで到着し窓ガラス修理を行ってくれる業者は多く、すぐに見つけ依頼することが可能です。その際、気になるのが窓ガラス修理の時間と期間ではないでしょうか。その時間と期間について、少しご説明させて頂きます。

窓ガラス修理にかかる時間

ネットで検索すると、窓ガラス修理の受付は年中無休で行っているところも少なくありません。また、夜間まで営業している業者も多く、さほど、時間を気にせず窓ガラス修理を依頼することは可能です。

また、窓ガラス修理にかかる時間においても、多くの場合、様々窓ガラスが車に積まれています。そのため、一般的な窓ガラスの場合、その場で必要な大きさにカットし、すぐに交換してもらうことが可能です。枚数や場所によって多少異なるものの、1時間もあれば交換可能です。流れとしては、新しい窓ガラスを選び、採寸、カット、交換といった流れとなります。

窓ガラスの種類によっては多少、期間が必要になることも…

一般的な窓ガラスの場合、その場で修理が可能なため、窓ガラス修理に必要な期間など考える必要はありません。しかし、ペアガラスなどといった特注品となると話は変わってきます。最近の住宅に多く使用されているペアガラスの場合、特注品の窓ガラスとなります。そのため、現場で採寸し、その後、発注。完成までに一週間から二週間程度の期間が必要となってしまいます。そのため、ペアガラスの場合は、その場での窓ガラス修理はできないということを知っておく必要があります。

もちろん、応急処置はしてもらうことが可能!

ペアガラスの場合、窓ガラス修理が完了するまでに一週間ほどの期間が必要だと聞くと不安に思われるかもしれません。その間、窓ガラスはどうなっているのか?と…。もちろん、そのような心配は不要です。特注品のペアガラスが完成するまでの期間は代わりの窓ガラスで応急処置を行います。応急処置と言っても、普通の窓ガラスに交換してもらっているため、見た目では修理が完了したのと同じような出来栄えです。生活に特に困ることもなく完成したペアガラスを待つことができます。その後、ペアガラスが完成したら、応急処置のガラスは取り外され、新しいペアガラスに交換し窓ガラス修理は完了です。

まとめ

以上が窓ガラス修理の時間と期間の説明となります。一般的な窓ガラスの場合、その場ですぐに修理が完了しますが、ペアガラスなどの特注品の場合、少し期間が必要となり注意が必要です。もし、窓ガラスが割れた場合、ヒビが入った場合は、慌てずにまずは、ガラス修理業者に連絡されることをおすすめします。