窓ガラスを自分で修理する方法

窓ガラスが割れてしまった場合やヒビが入った場合においての修理法は、業者に任せて修理をするのが一番ですが、実は窓ガラスは、仕組みさえわかれば誰でも交換は可能です。ここでは、窓ガラスの仕組みを解説しつつ交換方法について記載をしていきたいと思います。

窓ガラス 修理を自分で行うには?

窓ガラスの修理を自分で行うにはまず、割れてしまっている窓ガラスを取り外す必要性があります。この時窓ガラスの破片で手を切らないよう注意が必要です。取り外し方についてはまず、窓枠であるアルミフレームを取り外します。この時アルミフレーム上部にストッパーと言う出っ張りがあり、この出っ張りが窓が外れないよう固定している役割がある出っ張りがありこれを上げる必要性があり、マイナスドライバーで出っ張りを上げます。そうすることで窓を上に持ち上げると窓ガラスのアルミフレームはレールから外れ取り出すことが出来ます。なお、一部窓によってはフレーム側ではなくレール側にストッパーがある物もあります。

無事取り外すことが出来れば、アルミフレームの縦側にあるねじを回して外せばフレームをバラバラにすることが可能です。この時、フレームを外すとガラスの重みでフレームが分解するので注意です。無事フレームとガラスを分けることが出来れば成功で窓ガラスに付着しているゴムパッキンを取り外し、新しい窓ガラスに装着し、組み立てます。無事組み立てて、窓ガラスをレールに戻し、窓ガラスのストッパーを掛ければ無事窓ガラスを自力にて交換できます。

窓ガラスの修理はDIY可能か?

好感ではなく窓ガラス自体のヒビ割れの修理程度であれば、DIYは可能です。やり方について説明しますと、窓ガラス用ヒビ割れ用接着剤と言う接着剤をホームセンターで購入しdiyします。この接着剤は、ヒビ割れに浸透することで硬化し、透明になる接着剤です。透明になるが故にヒビ割れに浸透すれば見えなくなりヒビ割れも消えるのです。この時万が一、きれいにヒビ割れが消えない場合、多少ガラス表面を研磨して平らにする必要性がありますが、多くはそのような研磨をする事は希です。この修理法の利点は女性でも修理が可能で、窓ガラスをフレームから外す必要性が無いことです。その為手を切る心配も無ければ、窓ガラスが飛び散るような悲惨なことが起きることも無いです。ただし、問題としては割れてしまっている物を修復することは困難である点、あくまでヒビ割れしか接着剤では修繕できないので、割れたものは交換するしかないのです。

割れた窓ガラスは基本的に交換するしか修理すべき方法はない。

割れてしまった窓ガラスを修理するには、接着剤では引っ付けることが出来ないのかと言う声がありますが、残念ながらdiyにおいては交換する他手法が無いです。一応応急処置であれば、割れている窓の上から段ボールで窓を覆うという手法で応急処置が可能ですが、割れている物を接着剤で留めるまたは修繕することは不可能です。あくまでヒビ割れであれば、割れている所から接着剤を流し込み、表面を平らにすることでヒビ割れを隠せますが、割れたものは引っ付けることは出来ず、交換しか手法が無いのです。ただ交換自体はそれほど難しくないのでDIYによる修理を用いてガラス交換は可能で、ガラスの購入法についてはインターネットで購入が可能なので修理は可能です。

まとめ

窓ガラスの修理法ですが、ヒビ割れであれば窓ガラス用ヒビ割れ用接着剤を使用すればヒビ割れを隠し、修繕することが可能でDIY初心者でも簡単に修理可能です。しかしながら、割れた窓においては、交換するしか手法が無く、DIYを用いて修理をすることも可能ですが、その場合窓枠のフレームを分解する必要性があります。自分で交換をする場合においては、分解すると同時に窓ガラスも発注し交換を必要としますので、交換用窓ガラスをインターネット等で購入することも忘れないようにしなければならないです。